Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

以前のブログで、転職について述べました。

関連動画

30代後半 看護師が転職できますか?

しかし、私もそうですが、30代後半です。

30代後半での転職で、考える時の7つの悩みがあります。

あるあると思って、見て下さい。

30代後半の看護師さんが考える 7つの転職の悩み

 

それでは、30代後半での7つの悩みをご紹介します。

体力的にきつい

「体力的にきつい 女性 看護師」の画像検索結果

30代後半になってくると、体力の衰えを感じませんか?

「体力が落ちたかも」

「腰が痛い」

「やっぱり20代とは違うな」

と感じている方、いるのではないでしょうか?

現役看護師として、

働いている看護師さんは、多いのではないでしょうか。

30代後半になると、若い20代の看護師と一緒に、

急性期でバタバタした中で、休憩なく働いたり、

夜勤中も常に、忙しいような職場で、働くのは、きつくなりますよね。

これは、大学病院などの、

急性期病院で働く、30代後半の看護師に多いです。

給料が安すぎる!

「給料が安すぎる! 女性」の画像検索結果

給料が安いから転職したい!!というのが本音ですよね。

しかし、30代後半の看護師さんは、

給料が高いところに、転職するのが良いですね。

30代後半の看護師が、転職で給料をアップさせるなら、ポイントは調整手当です。

調整手当は、今までの経験やあなたのスキルを判断する手当です。

30代後半の看護師の場合、

病院によっては、5〜10万円の調整手当をつけてくれます。

これは、とても大きいところですよね。

基本給の経験加算はもちろんですが、調整手当にもこだわると、

今の年収よりも、50〜100万円くらいアップすることも、夢ではありません。

男性看護師は出世を目指したい

「男性看護師は出世」の画像検索結果

30代後半の男性看護師は、

出世を目指すために、転職を考えることもあると思います。

男性看護師は、女性とは違って、

産休・育休や子育てでの、仕事のセーブなどは、ほぼありません。

ずっと第一線で、働いていくんです。

そして、男性看護師は、

女性看護師よりも、向上心を持っている人が多いです。

認定看護師や、専門看護師を目指したり、

看護管理の道に、進みたい人が多いですよね。

ただ、働いている病院によっては、出世が見込めません。

資格取得支援制度も、使わせてもらえません。

定年まで、ただの「平の看護師」として終わる可能性が高いです。

早い人は、30代前半でキャリアアップしたり、管理職に抜擢されたりします。

30代後半になって、今の職場では、

キャリアアップ・出世の目がないということが、わかる場合が多いんです。

それなら、出世できる病院に転職したいと、

思うようになる男性看護師は少なくありません。

もっと楽に働きたい

「もっと楽に働きたい」の画像検索結果

若い時は、第一線でセカセカ&テキパキ働いていても、30代後半になると、

「もっとゆっくり働きたい」

「少しくらい楽をしても良いよね」

と思うようになりますよね。

もちろん、

「大学病院などの急性期でずっとバリバリ働きたい!」

「高度な医療の中で重症な患者さんの看護をしたい!」

と思う看護師さんもいます。

でも、30代後半になると、ゆっくりしたいと思う人は、増えております。

また、主任や師長になるように、打診をされているけれど、

管理職になるのは嫌だから、転職を考える、30代後半の看護師さんも少なくありません。

家庭や子育てと両立できない

「小1の壁」の画像検索結果

家庭や子育てと、両立できないことで、転職を考える30代後半も多いです。

30代後半で結婚する看護師さんは少なくありません。

看護師は晩婚傾向にありますから。

結婚すると、自分のことだけでなく、

相手のことも考えて、

家事をしなければいけないので、大変なんです。

一人暮らしの時は、適当に、最低限の家事をしていれば良かったのに、

結婚するとそういうわけにも、いかなくなります。

家事を分担しても、一人暮らしの時よりも、家事の負担が増えますよね。

また、30代後半になると、お子さんが小学生になったという人もいると思います。

子どもが小学生になると、「小1の壁」に悩むことになります。

小1の壁にぶつかって、看護師を辞めたいと思う人もいるほどです。

保育園は、延長保育が使えたけれど、

学童保育は、18時までには、迎えに行かなくてはいけません。

日曜日は、学童保育を使えないことも多いです。

そうなると、今の職場では、

子育てと仕事を両立できないという、場合も多いです。

関連記事

家庭との両立ができない・・・ 30代看護師さんの悩み

看護師としてのキャリアを考えるようになった

関連画像

30代後半になると、

看護スキルが、全部身についていて、自分に、自信もついたと思います。

勤務中もある程度、余裕を持って働くことが、できるようになります。

そうすると、自分の看護師キャリアを考えるようになります。

◎キャリアアップしてバリバリ働きたい

◎もっと寄り添った看護がしたい

◎病院以外の職場にも興味がある

自分の理想の看護、やりたい看護・キャリアを考えると、

転職しようかなと、思うようになります。

転職するならラストチャンス?

30代後半になると、転職は、ラストチャンス?

と考える方も、多いかもしれません。

これと言った大きな不満はないけれど、なんとなく全体的に不満がある。

小さな不満が積み重なっている。

そんな状況の中で、自分の年齢を考えると、

「今、転職しておいた方が良いのかなぁ〜?」

と考え始めることもあるんです。

以前、ブログでもお伝えしましたが、

40代なる前に、転職するようにしましょうね。

頑張っていきましょうね。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営 

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】