Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

最近、医療の現場では、年配の看護師さんが活躍されているそうです。

その理由として、高齢化社会が進み、

看護師不足が続いている事も、理由のひとつでもあります。

今回は、社会人から、40代や50代で看護師になって、

良かったこと、苦労した体験談をご紹介いたします。

スポンサーリンク

私、40代でナースになりました!

この方は、41才のときに離婚して、

二人の子供のシングルマザーとなった方のお話です。

子供のために、将来を考え、看護師資格を取ることを決意したんです。

看護師を目指すにあたって、絶対必要だったのが両親の協力です。

離婚で子どもの教育費では、生活費が足りないため、自分で稼ぐ必要があります

心配をかけた両親に甘えるのは申し訳ないと思いましたが、子どもの将来を考え、

3年間だけ実家に住みながら、看護学校に通っていたそうです。

学校では、自分よりずっと若い世代の人が多く「話が合わないかも」と不安でした。

しかし、みんなさんいい方でしたので、同級生として一緒に頑張れました。

実習先の看護師さんや教諭の方がみなさん年齢が近く、

「今さら看護師になれると思っているの?」と嫌味やキツイ指導を受けたそうです。

しかし、「子どものため」と思い頑張り続けた結果、

国家試験にも、なんとか合格することができました。

新卒で急性期に入りましたが、始めは、とにかく体力面がキツかったそうです。

それでも、看護師は、3年は経験をしっかり積んだ方がいいと、

周りからアドバイスされ、さらに3年、

両親に同居させてもらい、必死で仕事を覚えました。

「物覚え」については、正直、若い同期とはぜんぜん違うなと感じ焦ったそうです。

年下の先輩たちからも「そんなこともわからないの?」

と言われることも多かったように感じます。

目標がしっかりあって、協力してくれる人がいるなら、

年齢はいくつからでも挑戦できると思います。

ただし、腰痛には注意です。コルセットは絶対に必要だそうです。

私、50代でナースになりました

この方は、一般企業で13年勤めたあと、介護士となり5年働いた方の体験談です。

介護士も大変なのに待遇に差があると感じ、

看護師資格を取りたいと考えるようになりました。

社会人から看護師になったのですが、介護の現場が長かったため、

看護師の世界にも違和感のようなものはありません。

看護師になって、収入が増えたことは嬉しい事ですよね。

医療行為は始めの頃はかなり緊張しましたそうです。

今、看護師として、この方は、仕事ができることに、とても満足しているそうです。

50代で看護師になる方には、体もそうですが、

自分のあった職場選びを、大事にした方が良いと思います。

まぁ、これは、年齢に関係ありませんが、まず考えることは、

1)まず自分ができることを考える事

2)自分に合う職場を考える事 

この2つの事が、私は、大切だと思います。

40代ナース 退職して悩んでいます。

この方は、40代の看護師さんで、一番の悩みは、就職先を見つけることです。

また、面接でよく聞かれることは、

「体力に自信はありますか?」

「夜勤を長くがんばって行けますか?」ということです。

この2つは、良く聞かれることだと思います。

しかし、看護師は、看護師同士の人間関係も難しく、

患者さんや、ご家族との関係でも凹むことが続き、

看護師を続ける自信がなくなってしまい、

やっと見つけた就職先を辞めてしまったそうです。

弊社では、このような、激務で悩んでいる看護師さんを、

少しでも、救いたいと思っております。

40代・50代の看護師さんでも、諦めないで、

前向きに、頑張っていきましょうね。