Pocket

こんにちは 荒蒔です。

5月に注意してほしい感染症シリーズ『手足口病』第3段です。

やはりこちらも、5月にもかかわらず、夏に近い気温が続いているので、

注意してほしい感染症として、認定しております。

乳幼児を中心に、流行する手足口病。手のひらや足の甲や裏、口の中に小さな発疹ができる

のが特徴です。軽い症状で治ることがほとんどですが、原因となるウイルスによっては、

重症化しやすい場合もあるため、注意が必要です。確認していきましょう。

流行のピークは夏!感染しやすい5歳以下の乳幼児は注意!

手足口病は、毎年6月頃から増えはじめます

しかし、今年は、5月なのに、夏日が多いです。

早めに対策を行いましょう。

夏に流行のピークを迎えると、その後は秋から冬にかけて、徐々に発生数が減っていきます。

患者は、5歳以下の乳幼児が約9割を占めます。それよりも上の年齢では、

大半がすでに、ウイルスに感染し、免疫を獲得しているため、

発症することはあまりありません。

手足口病は、ウイルスに、感染しても症状がでないことも多く、

「手足口病になったことがない」という人でも、知らない内に、

感染する場合があります。

オススメ本のご紹介

              

 

なぜ保育園や幼稚園では集団感染しやすいの?

1)ウイルスに感染したことがなく免疫を獲得できていない

2)生活する距離が近く、濃厚な接触が生じやすい

3)衛生観念が発達していない

とこの3つが理由になりますが、保育園や幼稚園での、集団感染によく注意して下さい。

1つ特徴といたしまして、手足口病の原因となる、ウイルスは1種類ではありません。

そのため、一度手足口病にかかっても、別の種類のウイルスが原因となって、

再び手足口病になることがあります。

一度感染したウイルスに対しては、免疫を獲得するため、同じ種類のウイルスが原因で、

手足口病になることはありません。

症状 – 手足口への発疹

手足口病は、乳幼児を中心に流行する急性のウイルス性感染症です。

○潜伏期間 3~5日 ○主な症状・発疹

主に、手のひらや足の甲や裏、口の中に2~3mm程度の、

水ぶくれ状の発疹(水疱性発疹)ができます。肘や膝、おしりなどにできることもあります。

口の中以外の発疹は、ほとんどの場合、痛みやかゆみはありません。

口の中の発疹は、軽い痛みをともなったり、潰瘍(深い傷)になることがあります。

発疹はかさぶたなどのあとを残すことなく、3~7日程で消えていきます。

発熱は38℃以下の発熱をともなうことがあります。

しかし、発熱の症状が出るのは、患者の約3分の1です。

こんな症状があらわれた場合は注意!

また、手足口病は、まれに合併症や重症化を起こすことがあります。

以下のような症状があらわれた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

・高熱が出る
・発熱が2日以上続く
・嘔吐する
・頭を痛がる
・視線が合わない
・呼びかけに答えない
・呼吸が速くて苦しそう
・水分が取れずにおしっこがでない
・ぐったりしている

主な感染経路は「飛沫感染」「接触感染」「糞口感染」

主な感染経路は、

1)咳やくしゃみなどに含まれるウイルスを吸いこむ・・飛沫感染

2)手指やもの、食品などについたウイルスが主に、口から体内に入る・・接触感染

3)便の中に排泄されたウイルスが、手指などに移り、口から体内に入る・・糞口感染

があります。手足口病は、特に便の中にウイルスが排泄される期間が長く、

症状がなくなったあとも、2~4週間程は感染源となる可能性があります。

排泄物の処理には、十分注意をし、処理やトイレの後はよく手を洗いましょう。

治療 – 対症療法

手足口病に対する特別な治療方法はありません。

基本的な症状は軽いため、経過観察と症状に合わせた対処療法となります。

口の中に発疹がある場合は、飲食がしづらい場合もあるため、

刺激にならない柔らかい食事にしたり、水分補給もしっかりとするようにしましょう。

予防 – 手洗いと排泄物の処理

手足口病には、ワクチンや治療をするための薬はありません。
しかし、手足口病にかかっても、ほとんどの場合が軽い症状ですむため、
それほど神経質になる必要はありません。

手足口病のウイルスは、症状がなくなったあとも、2~4週間程は便の中に排泄されています。

そのため、一般的な予防や対策として、

十分な手洗いと、感染中・感染後しばらくの間の排泄物は適切に処理をしましょう。

また、こちらも同様、プールやお風呂は、全身状態がよくなってから入りましょう。

感染する恐れがあります。また、大人でも感染する場合があります。

また、乳幼児の手足口病と同じく、重症化することもあります。

発疹が数日続くなどの症状が出た場合は、発疹の出る場所や、

発疹の状態で自己判断することはせず、医療機関を受診しましょう。