Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

50代で新人看護師になる人は、「50代でも就職先はあるの?」

と不安になっているかもしれません。そんなあなたのために、

50代の新人看護師に、オススメの3つの就職先をご紹介します。

50代で新人看護師になっても大丈夫

スポンサーリンク

50代の新人看護師でも就職先は必ずあります!

「50代の新人看護師」の画像検索結果"

50代で、新人看護師になる人は、

就職先があるのかどうかが、心配ですよね。

一般社会では、50代で未経験の人なんて、絶対に雇用してもらえませんから。

パートならともかく、正社員として雇ってくれるところなんてないですよね。

でも、大丈夫です。落ち込まないで下さい。

だって、看護師免許は、最強の資格なんです!

50代でも常勤として、就職することができます。

だって、看護師免許は最強の資格で、

世の中は深刻な、看護師不足なんです。

まぁ、他の職業の方もありますよね。

ですので、やる気さえあれば、50代の新人看護師でも、

働いてほしいという職場は、たくさんあります。

50代の新人看護師にオススメの3つの就職先

「50代の新人看護師」の画像検索結果"

50代の新人看護師にオススメの就職先を3つご紹介します。

体力的に楽な職場は、次の3つなんです。

精神科病棟

精神科病棟がおススメです。

50代の新人看護師に、オススメの就職先です。

精神科病棟は、医療行為は少ないので、

落ち着いた雰囲気の中で、働くことができます。

また、病棟にもよりますが、ADL日常生活動作は、

自立している患者さんが少なくないので、

力仕事はそれほど多くありません。

ただ、急性期の精神科病棟は暴れたり、

暴言暴力などの症状がある、

患者さんが多いので、慢性期の精神科病棟をおすすめします。

介護施設

次に、50代の新人看護師さんは、介護施設をおススメします。

その理由は、介護施設は、入居者さんの健康管理が、主な仕事です。

看護師は、体力的にも精神的にもゆとりを持って働くことができます。

療養型病棟

50代の新人看護師に、オススメの就職先の1つ目は、療養型病棟です。

療養型病棟は、急性期病棟よりも落ち着いていて、

バタバタした雰囲気は、少ないので、

比較的体力に余裕を持って働けると思います。

また、介護士が多く配置されているので、体力的にも楽なんです。

しかし、あなたは、新人看護師ですので、

きちんと指導・教育してくれる、ところでないといけません。

そのため、この3つの就職先の中から、

きちんと新人看護師として、

指導してくれるところを、選ぶようにすると良いと思います

就職先や転職先を選ぶなら、定年後の再雇用もチェック

「50代 看護師 定年後の再雇用」の画像検索結果"

50代の新人看護師が、就職先や、

転職先を選ぶ時には、1つ注意しておきたい点があります。

それは、定年後の再雇用はあるかということです。

60歳で、定年としている職場が多いです。

定年後の再雇用制度があるところは、

定年退職後も、非常勤として働くことができます。

50代の新人看護師は、定年退職までもう10年もありません。

せっかく看護師になったのに、

10年未満しか、働けなかったらもったいないです。

定年後に再雇用をしてもらえば、

看護師として、働ける期間を長くすることができます。

定年後に、自分で求人を探しても良いのです。

しかし、60代になると、求人探しが難しくなります。

ですので、あらかじめ、

定年退職後の雇用がある程度、保証されている方が良いです。

だから、50代の新人看護師は、定年後の再雇用制度があるどうかを、

チェックして、就職先を探すようにしましょう。

おすすめサイト:50代向けの看護師の求人

まとめ

いかがでしたか?

「本当に50代で就職先があるの?」と疑問に思っている人や、

看護学校が、急性期病院への、

就職を勧めてきてどうしようか迷っている人

転職を考えている人は、転職サイトを使ってみましょう。

もちろん、職場の年齢層や教育体制、

定年後の再雇用制度についても、調べてくれます。

頑張っていきましょう。

オススメ転職サイト

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

全国10万人が利用する看護師転職サイトはナースパワー