21世紀の医療廃棄物処理システム

 

 

 

 

 

 

 

お申し込み・お問合せはコチラ

 

感染性医療用廃棄物処理の問題点
 

 

 

社会的問題

 

 

 

 

 

 

 

感染性医療廃棄物処理装置のきっかけと出会い

 

こんにちは 荒蒔(あらまき)です。

私どもは、全国の病院へ、感染性医療廃棄物専用容器を載せる

「医療ホルダー」の製造販売し、約10年 2万5千台以上を納品させていただきました。

医療ホルダーを販売させていただきながら、

主に、病院が抱えている問題として、

①リサイクル化が遅れている

②CO2削減に取り組んでいない

③感染性医療廃棄物の院内処理が遅れていること

を知り、株式会社アイパック様の、

感染性医療廃棄物処理装置と出会いました。

この処理装置の機械は、

21世紀を見据えた医療廃棄物処理システムの『感染性医療廃棄物処理装置』

だと思い、代理店販売として、新会社を設立いたしました。

夢は、病院様の環境問題と、超高齢化社会を未然に防ぐ事が夢です。

 

 

(株)アイバック社 『感染性医療廃棄物処理装置』の製造メーカー

・中小企業創造事業活動促進確定企業

・通産省研究助成金開発製品

・環境省中間処理業適合品

 

 

『感染性医療廃棄物処理装置』導入のメリット

 

 

環境省処理ガイドライン準拠(環境省感染症廃棄物マニュアル)

 

・院内での滅菌処理を実現

プレス型加圧破砕

・特殊破砕構造で金属混入も対応

・180℃30分以上の乾熱処理

・耐用年数17年

・L 2-Tech 推進商品

 

感染性医療廃棄物処理装置設置導入の効果

 

無公害

・ダイオキシン・CO₂発生なし

臭気・浄化処理

・周辺環境への影響なし

・自動運転・安全移動

・作業環境が清潔

・大量処理

自動化で大量処理可能

 

 処理可能な感染性廃棄物

 

・非鋭理な固形物

・脱脂綿・ガーゼ・包帯

・紙おむつ

・マスク・手袋・シーツ

・鋭利な固形物

・金属類を含む廃棄物

・輸液ビン・輸液セット

・カンシ・ピンセット

※『感染性医療廃棄物処理装置』に投入できない物 体液・ホルマリン・エタノール等

 減容効果 最大(1/6まで圧縮)によるコスト削減

 

・収集回数・運搬コスト削減

・運搬時Co₂排出削減

・保管スペース節減(1/6まで圧縮減容)

・院内衛生環境を保全

・感染リスクの低減

 

 

 

感染性医療廃棄物処理装置の特徴

 

地球環境CO2削減のために、

           環境省に認められた装置です

 

 

 

 

乾熱滅菌方式と加圧破砕(溶融)滅菌を併用

 

おむつ・透析を院内処理するのにもおすすめです。

この感染性医療廃棄物処理装置は、乾熱滅菌方式加圧破砕(溶融)滅菌を併用。

回転型破砕工程がなく、故障が少ないのが特徴です。

また、18030分以上の乾熱処理を行います。

特殊破砕構造で、金属混入も、対応いたします。

おむつ・透析も院内処理することも可能です。

感染性廃棄物処理マニュアル[PDF 2.1MB] P62ページ準拠

 

Co2削減率が驚異的な97.9%

 

近い将来日本でも炭素税として採択される可能性があります。

既にEUでは排出権料金として10億ドル以上の取引が行われています。

Co2削減率が、驚異的な97.9(L2-Tech 個社評価シートによる)なので、

約年間、300万円以上のコスト削減ができます。

 

L2-Techとは?

L2-Techリストに載っています

 

 

 

 

医療廃棄物の分別の仕方

 

 

 

 

大幅コストが下がる理由

 

 

今、現在、病院では、主に、ペール容器・段ボールでゴミを捨てております。

私どもの提案は、その容器の中に、

※耐熱特殊ポリ袋を入れ、ゴミが溜まったら、ガムテープで止め、機械に入れるやり方です。

これを行うことにより、容器代が浮き、大幅なコスト削減になります。

感染性廃棄物処理マニュアル[PDF 2.1MB] P26ページ準拠

※ペール容器+耐熱特殊ポリ袋に、順次変更することをオススメします。

また、耐熱特殊ポリ袋が入るペール容器を選択してください。

 

貴院様の試算(現状の経費)を算出してみませんか?

 

あなたの病院でも、試算(現状の経費)を算出してみませんか?

こちらの表に数字を記入することによって、今の現状経費がわかります。

それぞれのベット数による、経費削減の事例の下に、

PDFで、ダウンロードできるようになっていますので、是非ご活用ください。

 

ベット数による経費削減の事例

 

≪参考例≫

ベット数・年間排出量:モデル[Ⅰ]250床 約150,000Kg/年間排出量

PDF試算(現状の経費)250床

ベット数・年間排出量:モデル[Ⅱ]500床 約250,000Kg/年間排出量

PDF試算(現状の経費)500床

ベット数・年間排出量:モデル[Ⅱ]1000床 約350,000Kg/年間排出量

PDF試算(現状の経費)1000床

 

導入事例とQ&A

 

≪参考例≫

茨城県T病院様(800床)の場合

 

 


感染性医療廃棄物処理装置のサイズはどれくらいですか?
サイズ:最大 ヨコ5,250~ 最小3,685mm

✖奥行2,846mm✖高さ2,500mmです。

 

人員体制はどうなっていますか?
人員体制は、2人体制です。

作業時間は、1人当たり8時間労働で、

稼働時間は、朝8時~夜20時までです。

2交代制で行っております。

何人で作業を行っていますか?
常置1名で作業を行っております。

病院内で、空いている指定場所に、

耐熱特殊ポリ袋又は、ペール容器を入れるのみです。

作業時間はどのくらいかかりますか?
機械そのものが、自動の機能があり、

6分間に、圧縮され、2箱出来上がります。

熱処理は、180℃ 30分以上の、感熱処理になります。

圧縮されたゴミは、2個の重さを測り、

乾熱処理後は熱いので、台車に乗せ、指定された場所へ捨てます。

 

中では、どのような処理がされておりますか?

この機械には、無数の槍があり、

その槍の穴から、高温の180℃の蒸気が、

菌を死滅させるので、感染する恐れはありません。

無公害・臭気・浄化処理で、

      周辺環境への影響はありませんか?

 

流れ出る廃液は、

こちらの部分で薄め、水道に流します。

検査証明もございます。

メンテナンスは、どのようになっていますか?

メンテナンスは、

1年に1回フィルター少額部品の交換のみ行います。

 

 

≪参考例≫

従来のシステム機械から(処理工程・処理方式により)、

感熱滅菌・圧縮減容(重量が28%~30%減少)のDISPOPACを導入後

奈良県n病院様(248床)の場合

2年間で 6000万円以上のコスト削減の実績

感染性医療廃棄物処理装置を導入後、

         どのような、メリットがありましたか?

大変、大幅コストダウンになりました。
感染性医療廃棄物処理装置で

          他社と比較してどうでしたか?

以前、他の機械を入れていましたが、

           この機械導入後、作業効率が上がりました。

 

感染性医療廃棄物処理装置 納入実績 令和元年5月現在

 

DISPOPACをご利用いただいた、病院様の喜びの声

 

 

 

 

 

 

お申し込み・お問合せはコチラ