Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

最近、急速に人工知能AIが、進みつつあります。

医療業界にAIが普及したら、

看護師さんの職場は、どう変わっていくのでしょうか?

見ていきましょう。

スポンサーリンク

そもそもAIで何ができるの?

「ai 人工知能」の画像検索結果

AIには、特殊化されたAIと、汎用AIの2種類があります。

特殊なタイプは、特定の領域および、タスクを深く学習することにより、

特定の領域および、課題でのみ、高速および高速の計算に基づいて、

アクションを実行できる人工プログラムです。

現在実用化されている、ほとんどのAIがここにあります。

たとえば、将棋のAIは、人間が覚えることができない量で、

人間が打った将棋のすべての、パターンを学習します。

次に、学習した大量の情報から、

その瞬間に「最良の選択」を即座に導き、

将棋を指すことができます。すごいですよね。

また、将棋をプレイする、相手の習慣や思考パターンを計算し、

「勝つための選択」を行うこともできます。

もう1つのタイプの「汎用AI」は、映画やドラマでよく登場し、

人間のように話し、独立して生活する人工知能です。

ただし、汎用AIの実用化は、依然として難しいと言われています。

「AI看護」と言うと、人間のように独立して、

動くロボットの汎用AIを、イメージとして、想像することがよくあります。

実際に患者を気遣う人を、置き換えることができます。

医療にAIが導入されるメリットは?

「ai 人工知能 医療」の画像検索結果

たとえば、AIは、既存の医療情報を、パターン化することで、

正確で正確な医療情報と、ありうる適用可能な病気を、

その場で、提示することを可能にします。

これにより、経験の浅い入居者や医師であっても、

AIが導くデータに基づいて、正しい診断を下し、

入居者の経験不足、医師の専門外の知識、

および、経験のない症例の知識を、補うことができます。

遺伝子解析用の「ワトソン」や、

病気名を診断するための「ホワイトジャック」など、

すでに開発されたAIは、近い将来広く、使用される可能性があります。

看護の現場でどのように活用できるの?

「疑問 看護師」の画像検索結果

看護現場では、AIで患者さんの状態が、

突然の変化を即座に検出し、膨大な量の学習と膨大なデータから、

状態を把握するために、

必要な情報を選択し、必要に応じて、医師を連絡されます。

また、あなた自身に、連絡することもできます。

看護師は、医師に連絡して、現在の状態を説明する時間をより、

多く取ることができ、目の前の患者さんの世話に、集中することができます。

さらに、生物学的情報モニターの進化である、AIがある場合、

病院内のすべての患者さんの、バイタルや体温などの生物学的情報を追跡し、

看護記録として保存ができます。

自宅にいる人が利用できる場合、

医師や看護師がいないときに、

患者さんの状態を、理解することが可能になります。

また、看護師は、電子カルテや、必要なカルテ・

過去の履歴を整理するなどの情報を、

検索することなく、取得できる良さがあります。

AI導入の初期には、

このような情報の提供が、メインとなる可能性があります。

将来的には、在宅医療が主な使用方法となり、

AIは、在宅患者の活力を監視し、異常がある場合は、

直ちに病院に連絡し、

現在の状況の性質に関する、情報を送信できます。

また、AIを装備したベッド、またはアームを使用して、

患者さんを移動し、体位を変えることができます。

AIを搭載したロボットが、看護師にとって大きな負担である、

肉体労働を引き受ける場合、患者は安全に動くことができ、

看護師は、身体で快適に、作業できるかもしれません。

まとめ

「AIは2025年に人間よりも賢くなる」と言われています。

本当なんでしょうかね。

しかし、AIを使用することで、

医療や看護の環境は、確実に変わります。

正確かつ迅速な情報管理と、共有がAIによって体系化され、

看護師の負担が、少し軽減されることが期待されます。

看護師とAIの両方ではなく、

両方を活用することで、より良い看護を提供できるようです。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ