Pocket

こんにちは 荒蒔です。

MRSA感染対策とは、

黄色ブドウ球菌はとてもありふれた菌で、

頭の皮膚・鼻の粘膜・口腔内傷口などに

よく付着しています。

発熱などの症状を伴うことが多く、

ただし、黄色ブドウ球菌は、普通に弱毒菌のため、

私たちの抵抗力がちゃんとあれば、

特に重症化する事はないのです。

MRSAは、この黄色ブドウ球菌の仲間で、

病原菌などを持っており、

抗生物質(菌を殺す薬)が効きにくくなっています。

その為、治療が思うように進まず、患者の抵抗力だけが、

頼りになるケースが多々あるのです。

重症化すると、敗血症、髄膜炎、心内膜炎、

骨髄炎などに、よって

死亡する事も少なくないのです。

重症化しやすいステータス無菌室が必要性になるくらい、

抵抗力が低下した時、

一流企業術の後重症の熱傷(やけど)を負った時、

血管内にカテーテルを長時間入れている時、

こうしたケースにMRSAに感染すると、

多彩な病を起こしやすく、

治療しにくいため、MRSAは大変不安がられていますが、

家庭や施設で暮らしされている方々に、

重症化しやすい様子の方は少ないため、

MRSAのために実害が起きるという事は、

いつも警戒する必要があります。

保菌と発症菌の検知は、

一概にその菌による感染症とは言えません。

MRSAは大いにありふれた菌で、

鼻の中にMRSAを付着したまま家庭や、

施設で過ごされる方もいます。

MRSAを付着しているけれども、

病は起こしていない様子を「保菌」していると言います。

MRSAを保菌していても、健康な人であれば、

数日で自らの抵抗力で

駆除してしまいますが、

老齢になるとデフォルト「保菌」した様子が続く

事があります。

ただし、「保菌」しているからといっても、

家庭や施設で暮らせるような人であれば、

重症化して、実害を及ぼすような事はないのです。

つまりMRSAを『保菌』していても悩ましいはなく、

周囲の人にも害は及ぼさないという事です。

一方、MRSAを『発症』している患者というのは、

感染した結果、咳やくしゃみ、発熱、

下痢のような症状が現れて、

臨床的に問題となる感染症状を呈している患者の事です。

最近では、心臓手術の時に、

MRSAに感染し乳児が亡くなりました。

低酸素血症(動脈血中の酸素が不足した状態)も

同時に起こったそうです。

とても可愛そうなお話ですが、

感染はいつおこるかわかりません。

何かあったら、すぐに総合病院へいきましょう。