Pocket

こんにちは 荒蒔です。

新型インフルエンザとは、ニュースで

「養鶏所で鳥インフルエンザにかかったニワトリが

発見され、全てのニワトリが焼却処分された。」

という事をよく耳にします。

たかがニワトリ、されどニワトリ(笑)。

これは相当警戒が必要な事態なのです。

なぜ大変な事態なのかというと、このニュースは近々

「人にも感染する新しいインフルエンザウイルス(新型インフルエンザ)

が現れるリスキーがありますよ。」

と警告を発しているのです。

仮に新型インフルエンザが趣向すると、世の中的に大モードする

確率が高く、その感染スピードは、かつてのスペイン風邪や香港

風邪の比ではないと言われています。

新型インフルエンザや鳥インフルエンザはいつも、

鳥類にしか感染しませんが、ウイルスが突然変異を起こすと鳥から人へ、

やがては人から人へ感染するようになります。

怖いですよね。

新型インフルエンザの特徴として、

免疫(ウイルスを防護する体系)をもっている

人が少ないため、容易に人から人へ感染するものであり、

大趣向を起こす確率が非常に高いという点です。

過去の世の中的大流れとしては、

大正7年(1918年)のスペインかぜでは全世の中で

約4000万人(日本では約39万人)が死亡、昭和43年

(1968年)の香港風邪では100万人以上の死者がでました。

昔と異なる点、実のところは医療が前進しているから問題なしだと

思っていませんか?直近ででは昔と対比し、人口の増加や都市への人口集中、

航空機による高速・大量輸送ご時世だけに、

過去のはやる時よりもはるかに速いペースで地球全体に

まん延すると考慮しられます。

新型インフルエンザの防止策心残りながら、

新型インフルエンザは直近であるワクチンでは阻止できません。

そもそもワクチンとは阻止対象のインフルエンザウイルスを

使って製造するため、新型インフルエンザが生じてしていない

実際のところでは仕込みできないのです。

一応新型インフルエンザが流行したらもうに

ワクチンを製造できるな体系は整っているようです。

ワクチンはなくとも別の防止策はあります。

それはいつもインフルエンザの時に用心を払っている、

「手洗い」「うがい」「マスク」「人ごみを避ける」などの

一般的な阻止策です。

こうした一人ひとりの取り組みこそが、

急速な感染拡大の抑止にもつながる事を

十分に認識する事が長所があるです。

新型インフルエンザにかかったからといって皆

が重症化するわけではないのです。

むしろそんなにの人は軽症ですみます。

とはいっても、次のような方々は重症化する

危うい性が高く、特に用心が

必須と言われています。

これらの方々は人ごみを避け、手洗い・うがいを

まめに行うなど十分に用心する、ことが大切です。

加えて、周囲の方々も感染させないように

気をつけなければいけません。

・乳幼児 ・ご年配 ・妊婦 ・持病のある方

・慢性呼吸器疾患   ・慢性心疾患

・腎働き障害   ・糖尿病などの代謝性疾患

・ステロイド内服などによる免疫パフォーマンス不全

新型インフルエンザの治療新型インフルエンザの

治療薬としては、当たり前のインフルエンザにも

使用されている
「タミフル」「リレンザ」(両方共インフルエンザの治療薬)

が有効であると考えられています。

政府は緊急事態に仕込み、

タミフル2500万人分、リレンザ60万人分(平成19年度中)

を確保しているようです。

仮に新型インフルエンザに感染したと思った時は、

近くの保健所にある「発熱折衝センター」に連絡したうえで、

都道府県などが指定する医療組織(発熱外来)を受診してください。

発熱折衝センターに連絡をせずに、

いきなり近くの医療組織を受診してしまうと、

待合室などで他の人にうつしてしまう確率が

ありますので絶対に避けてください。

とはいうものの、新型インフルエンザの分別方は如何なる

感じでしたらよいと思います。

心残りながら目下のところ症状などの見当は困難なようです。

他にも、新型インフルエンザが流行して、

外出を避けるべき事態となり、

物資の流通が停滞する事を想定して、

いつもから食料品や日用品を備蓄しておくといいです。