Pocket

こんにちは 荒蒔です。

本日は、風疹について、お話しいたします。

今、現在、千葉や東京など、関東地方の30代から40代の男性を中心に、

感染者が増加しているそうです。

また、免疫の無い妊婦さんにとって、脅威となる風疹の事を、妊婦さん以外の方にも、

知っていただきたくために、わかりやすく、まとめてみました。

風疹とはどんな病気?

風疹は、みなさんもおわかりの通り、感染する事で起こる病気です。

患者さんの、咳やくしゃみで、飛び散った細かい水滴の中にいるウイルスを、

吸い込む事で、感染する飛沫感染です。

飛沫は水分を含んで重いので、だいたい患者さんの、

1〜2m以内にいた事例に感染はおこります。

空気感染のように、ウイルスが空中を長時間漂う事はないのです。

ですので、空気感染の代表である、麻疹(はしか)や水痘(水ぼうそう)ほど

感染力は強くありません。

1)症状と期間

感染してから、2週間ほどで症状が表れ、5日間程度で次の症状が続きます。

1)体のだるさと発熱

2)ポツポツとした赤い発疹

3)耳や首の後ろのリンパ節の腫れ

しかし、症状だけで、風疹と断定する事は難しいです。

抗体検査をして、はじめてわかります。

子供の方が軽く、大人がかかると、発熱や発疹が、若干長引く性質があります。

一度、感染し治癒すると、多くの人は、終生免疫を入手するので、

二度と風疹にかかること事はないのです。

期間に関しては、発疹の出た時点を挟んで、前後2週間くらいが、

感染力があると考えられます。

とはいっても、気をつけたいのは、ウイルスに感染しても、

症状が出ない人(不顕性感染)が15%程度いるという事です。

これが、なんていっても、感染症の恐ろしいことですよね。

症状は無くても、しっかり免疫ができますが、それは知らぬ間に人に、

感染させる確率もあるという事です。

先天性風疹症候群 (CRS)とは?

風疹で恐れられている理由の一つとして、妊娠初期の妊婦さんです。

妊婦さんに、風疹の症状が出なくても、赤ちゃんには、感染する恐れがあります。

感染した赤ちゃんは、難聴、心疾患、白内障、他に、

心身の発達障がいをもって、生まれる確率があります。

程度も様々ですので、総称として、先天性風疹症候群 (CRS)と呼んでいます。

妊婦さんは免疫があるか確認してください

妊娠前に、防止接種をしたり、子供の頃、風疹にかかったりして、

抗体検査できちんと免疫があると、診断された、妊婦さんは、

心配しなくても、大丈夫です。

妊婦健診の初期血液検査には、風疹の抗体検査も内蔵されています。

すでに検査を終わっている方は、母子手帳等で確認してみて下さい。

妊婦さんへの予防接種はできません

風疹のワクチンは生ワクチンのため、妊婦さんに接種する事はできません。

免疫のない妊婦さんと、抗体価の低い妊婦さんは、

くれぐれも感染しないように、注意してください。

また、ご家族に未接種・未罹患の方がおられる場合は、直ちに接種してください。

今、現在、風疹が流行っています。

妊娠12週未満の方は、人ごみの多いところへの外出は厳禁です。

それ以降も少なくとも、24週くらいまでは気をつけて下さい。

また次回の妊娠に備えるためにも、

分娩後には、予防接種を、絶対受けてください。

皆さんも、感染しないためにも、

帰ってきたら、手洗い・うがいを忘れないよう、心がけましょう。