Pocket

こんにちは 荒蒔です。

いやぁ~今年の夏は、本当に暑かったですね。

10月にもかかわらず、30℃以上になるときもありました。

そこで、急に来るのが、夏バテでなく「秋バテ」

夏バテとは、夏場の暑さで食欲や体力が低下する事で、

疲れやだるさなどを覚える「暑気あたり」で、

一般的は秋になって過ごしやすい気候になると、その症状は改善します。

けれども、ここ最近、冷房による冷えなどにより、

自立神経のバランスが崩れて、秋になってから、

不調を訴える人が、増えているのです。

その上、昨今の節電対策として、冷たいものを摂り過ぎたために、

「内臓冷え」から全身の冷えをおこし、夏バテが夏場だけでは収まらず、

より深刻化して秋まで続く「新型秋バテ」が増加しています。

その上、仕事・あるいは日頃のストレスが、更に悪化をしております。

秋バテのタイプは2種類

秋バテをおこすタイプとしては、

「夏場にどれほどの暮らしを送っていたか」、によって

1)内臓冷えタイプ・2)冷房冷えタイプの2種類に分かれます。

1)内臓冷えタイプ

主な原因は、節電などにより冷たいものを摂り続けたり、

冷たいものの過剰摂取により、胃腸が冷えて性能が低下し、

全身の血の巡りが、悪くなったりします。

そのため、疲れやだるさ、消化不良や食欲不振などの胃腸障害、

クマやシミができます。

2)冷房冷えタイプ

こちらの主な原因は、冷房の効いたところで、長期に渡って過ごしたり、

冷房の効いた室内と、外気の差に適応しようとして、

自律神経がフル活動する事で、全身の血の巡りが悪くなります。

症状として、疲れやだるさ、肩こりなどです。

秋バテの対処 (温活とリラックス)

自立神経の乱れをなおし、血流をよくするためには、

まず、体を温め(温活)、リラックスすることが大切です。

生活の中で、改善することが出来ますので、見ていきましょう。

暑い日にクーラーを使用するとしても、設定温度を1〜2度高めたりして、

使用時間を減らします。日中と朝晩の温度差が激しくなるため、

面倒でも外出時には、上着を携帯いたしましょう

また、シャワーではなく、なるべく、38〜40度の、

ぬるめのお風呂にのんびりとつかり、体を温めましょう。

下半身浴もおすすめです。

半身浴とクールダウンを、何回か繰り返す事で、体の芯まで温まり、

血行がよくなります。また、副交感神経を優先にして、

ストレスを緩和するために、入浴時には、好きな香りの入浴剤などを利用し、

リラックスしましょう。

代謝を促すためにも、ウォーキングなどの、余裕な運動を、

決まった的に行うこともいいことです。

夏場の疲労が回復するまで、仕事や遊びの予定表を、

つめこみすぎないようにしましょう。

また、日常出来ることとして、蒸しタオルを首のうしろにあてて、

ゆったり休んだり、あっためたアイピローなどもよいと思います。

私は、腰やお腹を湯たんぽで暖め寝たりもしますよ。

それでは、飲食の面ではどうでしょうか?

内蔵を暖めるために、お茶や紅茶など温かい飲み物を積極的にとり、

汗などでビタミンが失われているので、意識して補給する事が大切です。

特に、ビタミンB群は疲労回復を助ける働きがあるので、

豚肉やにんにく、ネギなどをたべ、生姜など、からだを暖める食料品をとる

ようにしましょう。また、温野菜やスープをとるように心がけ、

食事は3食きちんと食べ、一日のリズムをちゃんと整えましょう。

また、朝食では、エネルギーに変化しやすいタンパク質である、

牛乳やヨーグルトをとるよう心がけてください。

最近では、皮下脂肪や筋肉の少ない“へそ”を暖め、内蔵に直接成果のある、

へそエステに通う人も出ているそうですよ。

女性だけではなく、男性でも油断は禁物です。

普段から気をつけている女と違って、無頓着に過ごしがちな男性にも、

秋バテは襲いかかってきます。

男性の方も、気をつけるよう、心がけてくださいね。