Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんの皆さんは、勤務中にマスクをつけていますか?

多くの方が、マスクをつけて仕事をしていると思います。

患者さんのエチケット?あるいは感染対策と思い、

つけている方も多いと思います。

看護師の皆さんがつけているのは、使い捨ての不織布マスクと思われます。

実は、このマスクが、肌の乾燥を招く原因になっていることご存知でしたか?

「マスクを外したとき、マスクをしていた部分が他の部分より、脂でテカテカしていた」

なんて経験、ありませんか? その経験は、マスクによる乾燥が起きている証拠です。

そこで本日は、不織布マスクと乾燥の関係性についてお話します。

なぜ不織布マスクが乾燥を招くのか

マスクをつけていると、肌が潤うと思っている方も多いのではないのでしょうか?

しかし、マスクをつけるということは、吐いた息が水蒸気となり、

マスク内の狭い空間で充満している状態となります。

この水蒸気が水に変わって、マスクの内側に水滴がつくこともあります。

この水蒸気や水滴が肌に付着し、蒸発する際に、角質層の水分が奪われるため、

乾燥が進行してしまうのです。

マスクをずらしたときや、マスクを外したときなど、一気に蒸発していきますよね。

感染対策もしくは、水蒸気で一時的に肌が潤うような感じがしますが、

マスクで肌を覆ってしまうことは、乾燥が進みやすい状態なので注意が必要です。

スチーマーは、蒸気を当てているときは潤った感じがしますが、

蒸気が肌についたまま何もしないとかえって乾燥が進むため、

スチーマーをイメージするとわかりやすいと思いますよ。

不織布マスクで肌荒れも起こる

「不織布マスクで乾燥が進行する」ということ以外にも、注意したいのが、肌荒れです。

それでは、なぜ不織布マスクで肌荒れが起こるのか、その原因をみていきましょう。

1.【マスク繊維によるもの】

マスクにはガーゼタイプのものと、不織布タイプのものの2種類がありよね。

不織布タイプのものは、複数の繊維が絡み合ってできているため、

ガーゼタイプのものより、肌にダメージを与えやすく、

刺激になったりして、かぶれが起こることがあります。

2.【摩擦】

マスクをつけると肌に摩擦が起こります。

擦れた部分の肌は傷つき、それによって肌荒れの原因になります。

またマスク本体だけでなく、ゴムひも部分が擦れる場合も多いです。

摩擦によって角質層が傷つけられると、肌の保水能力が低下するため、

乾燥が進んでしまうこともあります。

3.【雑菌の繁殖

マスクをつけると、吐いた息が水蒸気となり、

マスク内の狭い空間で充満した状態になります。

この状態では、マスクの中が蒸れやすくなり、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

この雑菌によって、肌にニキビができることがあります。

乾燥の原因はそれだけではありません。

病院内のエアコンによる空気の乾燥や、手洗い・アルコール消毒による、

水分の蒸発などでも乾燥は進行します。

肌荒れや乾燥は対策をすることが大切です。

【肌荒れで悩んでる方はこちらの商品をおすすめいたします。】


SK-Ⅱ|SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンス 230ml

・『ピテラTM』の神秘的な力。確かな実感に歓喜の嵐!
・酵母から生まれた『ピテラTM』を90%以上も配合した贅沢な1本です。

少し値段が高いですが、使ってから、ひどい乾燥が収まった方が多いです。

また、6年間愛用。肌の調子が安定して、波がなくなったように。均一なキメ肌になれる!

と皆さん絶賛しております。しかしデメリットは、すごくアルコールくさいことです。

どの化粧水も匂うものですが、気にしないであれば大丈夫です。

お値段が高いのですが、結局、使うのは一緒なので、230mlをご紹介いたしました。

【乾燥肌で悩んでいる方はこちらの商品】

高濃度原液専門店 セラミド原液(50ml)

乾燥肌の救世主として人気の商品です。

かなりの乾燥肌なので洗顔後の化粧水にまぜたり、

リキッドファンデーションにまぜたりしても使えます。

ちりめんシワが改善しつつあり、かかせないアイテムで、無味無臭です。

売り切れている場合もありますので、ご注意ください。

ぜひ、利用してみて下さいね。