Pocket

こんにちは 荒蒔です。

今日から、初仕事!そんな方、多いのではないのでしょうか?

お正月休みいかがでしたか?

朝からお酒が飲めてサイコー!

おせちやごちそう食べまくり!

いい思いした方、多いのではないのでしょうか?

ヤバいんじゃないですか?おなか周り。

お正月太り!もう開き直って仕方がないことです。

まぁ、人の事言えませんけど(笑)

では、お正月に太ってしまった方は、どうしたら良いのでしょうか?

本日は、お正月太りの解消法についてお話したいと思います。

解消法は、いますぐ調整して痩せるに限ります。

今日食べたものが明日の脂肪になるわけではないのは皆さんご存知ですよね?

脂肪になってしまったあと、痩せるのってとっても大変!

今日から、始めれる方法をご紹介します。

1)満腹でない状態で、長時間寝る

一見、寝るよりも、運動をしたほうが痩せそうな、気がしますよね。

しかし、睡眠中は立派なカロリー消費タイムです。

寝ているだけで痩せられるなんて、なんか詐欺みたい(笑)

しかし、ちゃんとした根拠があります。

睡眠時のカロリー消費効率を上げるためには、

・満腹でない状態で寝る
・しっかりまとまった時間眠る

これが大切なことです。

仕事が始まると、朝起きる時間は決まっているため、夜早く寝ることが重要なんですよ。

そして、満腹すぎる状態で、ベッドに入ることがないように、

夕飯を調節するようにしましょう。

2)日常でできる運動量を増やす

摂取カロリーを抑えるのも良いけれど、消費カロリーを増やすのも。

ダイエットでは重要なポイントですよね。

ちょっとしたつまみ食いが重なり、太るのと同じく、

軽い運動をちょこちょこ行うことで、痩せることはできます。

具体的に、

・一駅歩く
・エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う
・電車で座らない

などが、簡単に取り入れられるので、今日から実行しましょう。

階段は、上りが大変な場合、下りだけでも、行ってみて下さい。

通勤用に歩きやすい靴を用意して、履きかえるようにすると、

一駅歩くことや、座らないことが、ラクにできるようになります。

3)夕飯を調節する

ダイエットをもっとも効果的かつノーストレスで行うためには、

3食のうち、夕食を調節するのがおすすめです。

・早い時間に食べる

・食べ過ぎない

・炭水化物カット

「18時以降食べないダイエット」が有名ですよね。

夜遅くに食べ過ぎてはいけません。

また、夜ご飯は、あまり食べ過ぎず、3食のうちもっとも、

少ない量を食べるつもりで過ごしましょう。

満腹状態で睡眠をすると、消化不良を起こす可能があるので、

早い時間から、しっかり眠ることが大切です。

また、一般的に、「これから活動する朝昼」よりも、

「活動をしない夕方」の食事を控えめにすることで、太りにくなると言われています。

そこで、夕飯のみ、炭水化物や糖質を抜くなどしてみましょう。

朝昼は自由に食事のチョイスができるため、食事制限がつらく感じないはずです。

4)代謝アップを目指す

消費カロリーのアップに欠かせないのは、代謝を上げることです。

次のようなことを行ってください

代謝アップに向いている運動は、ジョギングなどの有酸素運動ではなく、

筋トレのような無酸素運動です。

室内でできる腹筋運動等であれば、寒い季節でもできるはずです。

ぜひ、毎日の習慣にして、実践してみて下さい。

・無酸素運動をする

・湯船に浸かる

・白湯を飲む

また、冷える季節は、身体を温めることも代謝アップには欠かせません。

毎日湯船に浸かり身体を温めるようにし、

飲み物は、基本的に常温か温かい物を飲みましょう。

無駄なカロリーと糖分を摂取しない、

意味も込め、喉が渇いたら白湯を飲むようにしましょう。

定着した脂肪を落としたり、継続中の肥満を、

ダイエットしたりするのはなかなか大変ですよね。

つらい食事制限と運動をしないと、簡単には結果を出すことができません。

ですが、お正月に太った分は、今リセットすれば、簡単に元の体重に戻すことができます。

つらいダイエットをしたくないのあれば、当月中に、ちょっとした調整をすることで、

太った状態を、長引かせないのが良い方法と思います。

今年も、2019年頑張ってまいりましょうね。