Pocket

こんにちは 荒蒔です。

看護学生の方、頑張っていますか?

とにかく、1月の今の時期は、体調管理に気をつけて下さいね。

全ての看護学生にとって、人生の最大の試練となるのが「看護師国家試験」への合格。

受験者の約9割が合格となる看護師国家試験ですが、

合格するには、9割以上正解しなくてはいけません。

思わず、9割かぁ・・・となんか遠い感じがしますよね。

何を言ってるんですか?頑張ってきたじゃないですか?

国試前の不安。消すことはできませんが、減らすことはできます。

そこで、本日は、不安を減らす方法と、

月別で直前期の過ごし方についてまとめます。

それでは、参りましょう。

まずは自分の不安を書き出そう

とにかく国試に向けて不安だという方はまず

不安を紙に全部書き出してみる

やってみましょう。

20個以上書けた方。合格です。

問題意識が高く、自己分析が、しっかいできている証拠ですよ。

おそらく、10個もかけなかった方も、多いのではないでしょうか?

毎日不安を感じていても、不安を具体化したら、実は大した量にはなりません。

そして具体化した不安に対して対処法を書いていきましょう。

例えば・・・

1)本当に合格できるの?→勉強する

2)勉強してるのに全然できるようにならない→勉強する

3)点数が伸びない。→勉強する

4)必修が思うようにとれない。→勉強する

結局、勉強じゃん!!て思わないで下さいね。

他にもあるかもしれませんが、国試に関しての不安は結局

国家試験に合格することでしか不安は解消できない

のです。このことを知っておくと不安な気持ちが大きくなった時に

『でもこの気持ちは合格したら消えるしな』

と論理的に考えることができるので、ぜひ知っておいてください。

直前期の過ごし方

勉強に関しての大前提は、自分が買ったぶ厚い過去問題集を、

少なくとも2-3回は回しましょう。

必修問題集に関しては必ず3回は回して内容を頭に叩き込みましょう。

参考書はこちらをご覧ください。

 

余力がある人はこの時期積極的に予想問題に取り組んで、新しい知識を増やましょう。

1月の過ごし方は、苦手分野をつぶしていきましょう。

特に、病態や解剖生理の苦手な分野は、まとめれば理解が深まりやすいと思います。

社会保障は範囲が広すぎる分野なので、

問題の中で、学んで、その都度まとめていくのがいいと思います。

看護師が知っておくべき制度は、ある程度決まっているので、問題から学ぶのが効率的です。

ここで注意!して欲しいのは

ノートまとめは勉強ではなく作業です。

と言うことです。

たまにノートにまとめる事に、一生懸命になり、本来の目的である知識を整理して、

増やすという勉強の目的を見失う人がいます。

ノートまとめが好きな人は、作業と勉強を意識し区別しましょう。

おすすめは、

問題集の解説にどんどん自分で書き込んで、自分のノートにすることです。

人間の脳は朝起きた状態が一番元気なので

午前中~夕方:問題演習(アウトプット)

夜:知識整理(インプット)

のように元気なうちに問題を解きましょう。

2月の過ごし方は、やることは1つ。

今までの復習の徹底です。

もう新しいことをやる必要はありません。

実は直前期の勉強が一番つらいと思います。

本当にこれでいいのか、

知識は足りているのかと不安になるでしょうが、

あなたなら大丈夫です。

それまでちゃんと、勉強に取り組んできているなら、

もうとっくに合格圏にいます。

今まで、自分がやってきたことを信じて、しっかり復習してください。

ノートを見てください。

不安を復習で減らすように勉強しましょう。

体調管理に気をつけて、頑張っていきましょうね。