Pocket

こんにちは 荒蒔です。

紫外線って夏だけと思っていませんか?

紫外線は冬場でもあるんです。

そもそも紫外線とはなんでしょう?

太陽や蛍光灯などから出ている光は、

目に見える可視光線

(光の波長が400ナノメートル〜760ナノメートル)と、

それ以上の波長をもつ赤外線、

それ以下の波長をもつ紫外線に分かれます。

実を言えば、光の波長は短いほどエネルギーが高いため、

良くも悪くも私たちに影響を及ぼしているのです。

やはり紫外線の多いのは夏場で、

絶対聞こえてくるのが紫外線対策という言葉です。

ただし、実のところ太陽が出ている限り、

どの季節でも紫外線は降り注いでいます。

意外にノーマークなのは桜の季節と秋で、

特に5月位は、紫外線が強いポイントにあたり、

真冬の冷たさから解放されて薄着ででかけたりすると、

かなり日焼けをしてしまったりします。

なお、秋も想いの良い季節になって、外出が増加しますが、

真夏のようなUVケアもしなくても大丈夫と思っていませんか?

実を言えば、秋も春先と同じくらいの紫外線量があります。

怠らずにケアを続けている事が必要なのです。

最も大丈夫と思いがちですは、曇りの日が多くなる真冬ですが、

しかし、雪の積もる地域が要注意。

太陽以外に、雪に反射する紫外線もあるので、その量は2倍。

これは、夏場の盛りとほぼ同じ量なってしまいます。

紫外線の悪影響紫外線にあたる事によって、

人体にどのような影響がでるのでしょうか?

・肌の中にメラニンという色素が沈着して、

シミやソバカスのきっかけとなります。

・水晶体は、紫外線を吸収する力があるため、

水晶体のタンパク質に 障害を及ぼし、

白内障や翼状片などをおこします。

・紫外線は皮膚の真皮にまで届くので、

肌の老化を早め、シミやたるみがおきやすく

なります(光老化)。

・紫外線にあたる事で、肌の角質が剥がれ落ち、

潤いのない乾かす肌 になります。

・日焼けにより、軽いやけどのような症状になります。

皮膚がんのきっかけ になる事も考慮しられます。

・紫外線アレルギーをおこす事があります。

・紫外線を多く浴びると、活性酸素ができて、

皮膚にある免疫仕組みに異常がおこり、

免疫力が落ちてしまいます。

・頭皮が日焼けする事で老化し、

抜け毛や髪のはりやこしが減退します。

紫外線の良いところ紫外線はとかく悪者と思われがちですが、

当然非常に大事な働きもあります。

・殺菌影響布団や洗濯物を個室干ししていませんか?

その実太陽の紫外線には、

ダニや雑菌を退治してくれる働きがあるのです。

ポッカポカのお布団は、気持ち良いだけでなく、

殺菌もされているすぐれものなんです。

除菌成果室内や靴など、紫外線の力で除菌する事で、

ムレやニオイのもとを消してくれています。

脱臭剤の中には、電池を使って、

紫外線を放出しているものもあります。

まだ、寒さが続きます。また、雪の日やスキーなど行く方も多いと

思いますが、気を抜かないで、夏じゃないからと言って、

紫外線に当たらないようにして、肌を守りましょう。