Pocket

こんにちは 荒蒔です。

ピロリ菌とは、大きさは2〜3×0.45μmほどで、

人間の胃の中に住んでいる細菌です。

この菌は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のきっかけになっているという事が、

ここの所明らかになってきています。

胃の中でも生きていられるのはなぜでしょうか?

胃の中には胃酸があり、pH1〜2と大いに酸性が強いため、

他の細菌は、生き続けることはできません。

けれどもピロリ菌は、ウレアーゼという酵素を多量に持っており、

この酵素を使って、胃の中にある尿素を、

アンモニアに移り変わりさせます。

アンモニアは、アルカリ性なので、

胃酸を中和しピロリ菌の周囲のpHを、

移り変わりさせて、生存可能な環境を作っているのです。

おおかた、人は幼少期において、保菌しており、

両親との濃密な接触(離乳食の口移しなど)、

あるいは糞便に汚染された水、

飲料水や食品を介した感染により、

胃の中にピロリ菌を持っていると言われています。

ただし、ピロリ菌を持っているからといって、

すべての人が胃潰瘍や十二指腸潰瘍になるわけではないのです。

日本では40歳以上で感染率が高く、

8割前後の人が感染していると言われています。

その中で胃潰瘍を発症するのは約2〜3%くらいであり、

感染から胃潰瘍を発症するまでに、

長いと数十年必要になると言われます。

症状として、ピロリ菌に感染すると炎症症状を起こしますが、

おおかたの人には自覚症状はないのです。

ピロリ菌の検査には、

『内視鏡検査が必要な検査』と

『内視鏡検査が必要でない検査』

との2つに分類られます。

除菌治療を行う場合には、

除菌の前(ピロリ菌がいる事の確定所見のため)と、

潰瘍治療の後1ヶ月以上あけた後

(除菌ができたか如何にかの見極めのため)

に検査をします。

しかも、行われる検査は施設によって、

違いますのであらかじめ確認しましょう。

①内視鏡を使って行う方法

迅速ウレアーゼ試験:

胃粘膜を採取し試験薬に入れて薬の色の移り変わりで判定します。

速く判定できますが、的確に組織をとらないと、

偽陰性となる事があります。

出されます。検査が手軽にで精度が高く、優れた方法です。

鏡検法:粘膜を採取し染色標本を作製し、

顕微鏡で菌の有る無しを判定します。

偽陰性となる見込みがありますが、

胃の粘膜の状況(いしゅくの程度や、

腸上皮化生の有る無しなど)が分かります。

②内視鏡を使わずに行う方法

尿素呼気試験(UBT) 検査用のお薬を飲み、

吐き出された息を調べる検査法です。

菌のもつ酵素により尿素が分解され、

二酸化炭素が呼気として排出されます。

検査が簡単で精度が高く、優れた方法です。

また、血清、尿抗体検査・血液や尿検査で、

菌に対する抗体を調査します。

過去に感染した事があるかどうかが分かります。

治療法としては、ピロリ菌の治療は俗に除菌治療になります。

除菌とは、その名の通り、からだの中からピロリ菌を除去する事です。

除菌するには、「クラリスロマイシン」「アモキシシリン」

2種類あり、抗生物質と胃酸の分泌を強く抑制する作用があり、

胃潰瘍の治療に用いられる「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」の

計3種類の薬剤を使用します。

PPIは胃酸の分泌を抑制し、抗菌薬の効きをよくする他、

ウレアーゼ活性を抑制する作用もあります。

正しく服用すれば、ピロリ菌の除菌は約90%の確立で成功します。

ピロリ菌の予防策として、ヨーグルトが進められています。

その中でも、ピロリ菌を減らす働きがある

ヨーグルトや飲むタイプもある「LG21乳酸菌」です。

よく、CMやテレビで見ますよね。

このLG21乳酸菌は、そもそも人間の体内に影響していますが、

食べる事で生きたまま胃の中へ届き、胃粘膜に粘着し、

乳酸を分泌して、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃ガンのきっかけである

ピロリ菌を抑制する作用があるます。

ピロリ菌を完全に除菌やりたいのであれば、

医療組織で除菌療法を行うほうが良いです。

商品に、『LG21』と書いてあれば、

ピロリ菌の予防できるものとして、

覚えておくのも良いと思います。