Pocket

こんにちは、荒蒔です。

日本と外国の看護師の現状を述べたいと思います。

日本の医療レベルは、世界的にも高度医療として知られています。

では、看護師のレベルは世の中と比較してどれほどなのでしょうか。

「看護師」と言っても、日本と外国ではその役割や立場が異なります。

日本の看護師は、医師の診療の補助・患者さんの普段暮らしの援助が、

主な業務中身ですが、世界各国の看護師と日本の看護師の違い

は何なのでしょうか?

まずはじめに、アメリカでは、

日本の正看護師にあたる登録看護師の上に、

またNPという資格があります。

NPとは、NursePractitioner(ナース・プラクティショナー)の略で、

大学院の修士課程3年間を修了すると、

NPの受験資格を得る事ができます。

NPは、医者と看護師の中間職と位置づけられていて、

医者と同じような問診や健康診断を行う事ができ、

処方や薬剤を調合も行います。

他にもNPは、驚いたことに病院を開業可能なんです。

日本では、看護職の一つである助産師が助産院を開業できますが、

「助産院」であり、病院ではないのです。

日本でも指定された大学院の修士課程を修了すると、

専門看護師の資格を得る事ができますが、専門看護師はあくまでも、

日本看護協会が認定した資格であり、国家資格ではないのです。

しかも、処方も薬剤を調合もできません。

アメリカのNPのほうが、可能な業務は多様なと言えるでしょう。

NPだけではなく、アメリカの看護師は、

日本の看護師よりも「専門職」という意識が強く、

医師の下で働くというよりは、

医師と対等である医療職者という位置づけになっています。

次に、フィリピンの看護師はどうでしょうか?

フィリピンの看護師は、大学の看護学部を卒業する必要があり、

アメリカの看護教育を採用しているため、

レベルが高いことが言えます。

また、離島や農村部では、医師の代わりに、

地域住民の健康管理をしなければならないため、

縫合や処方、薬剤を調合も行います。

しかし、フィリピンの看護師事情は複雑です。

日本でも、フィリピン人看護師の受け入れが始まっていますが、

フィリピンの看護師は外国で働く人が多いんです。

フィリピン国内よりも、外国の先進国で働いたほうが、

賃金も良いですし、労働環境も良いので、

外国で働く事を目指す看護師は年々増加しています。

そのため、フィリピン国内では、看護師不足と共に、

看護師の質も低下するという問題が起こっています。

日本の看護師のように、医師の補助や、

普段暮らし援助だけを行うのが良いのか、

アメリカのNPや、フィリピンの看護師のように、

薬剤を調合も行えるほうが良いのかは、

一概には言えません。

外国の看護師の良いところは、積極的に採りいれつつ、

日本に合ったものに変更していくのが、

一番良いのかもしれませんね。

ひと昔前まで、看護師というと女だけの職業でしたが、

今の時代は、どんどん男性看護師が増えております。

以前は、女看護師を「看護婦」・男性看護師を「看護士」

と呼んでいましたが、2002年からは男女とも

「看護師」の呼称で一体化されています。

男性看護師の多々ある部署は、精神科や救命救急センターです。

精神科や救命救急センターの患者さんは、

突然、錯乱して、暴れる事もあります。

そこで、力の強い男性看護師が必要とされ、

活躍が望みされている職場なんです。

また、最近は、精神科や救急センターだけでなく、

小児科や手術室、一般病棟にも、

男性看護師の活躍の場は広がっています。

男性看護師は、今後も増えていく事が予想されます。

理由を言えば、看護師は安定した職業だからです。

長い不況が続き、世の中は就職難や、

リストラが社会問題になっています。

大卒の就職率も低く、就職浪人という言い回しがあるほどです。

その点、看護師は資格職ですし、いつも需要がある職業ですから、

就職先がないという悩ましいはおおかたないのです。

不況が長い間続くと、公務員のように、

安定した職業を求める方も多いはずです。

しかし、安定した職業の一つである看護師も、

女子だけでなく、男性にも必要不可欠な職業になっていきます。

なお、男性看護師を採用する長所も大きいので、

医療現場での需要も、ますます増えていきます。

女看護師のケース、結婚や子供の世話は業務に大きな影響を与えます。

産休・育休の取得して、業務を休む事例もありますし、退

職する事もあります。

その点、男性看護師の時は、産休は当然ないのですし、

育休を取得する人も少ないです。

そして、家計を支える存在である時が多いので、

転職をする人はあまりいません。

一つの病院に、長く勤める看護師は、

病院側にとってはありがたい存在なんです。

このようなことから、男性看護師は、

今後もどんどん増えていきます。

近い将来、男性看護師と女性看護師が同じくらいの割合になり、

男性の看護師長が多くなるかもしれませんね。

そのときは、よろしくお願いいいたします。(笑)