Pocket

こんにちは、荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師が怖いものは、

最も怖いのは、看護業務中の針刺し事故です。

針刺し事故防止するには、

誤穿刺防止機能が付いた注射針や、

注射針を使用せずに、

薬剤生成可能なプレフィルドシリンジなどが

販売されています。

しかし、針刺し事故は無くなりません。

失くすには、どうしたら良いでしょうか?

見ていきましょう。

翼状針にリキャップする

翼状針静脈注射、採血時に翼状針は大変便利です。

穿刺の時の針の動揺が少なく、穿刺してからも固定が容易で、

常識的の針に比較して、刺しやすく漏れにくい優れものです。

その反面、針刺し事故の危険性が高い製品でもあります。

使った事がある看護師さんは、経験があると思いますが、

シリンジ(注射器)と接続するところから、

針までのチューブは柔らかく、ブラブラしやすいため、

抜針(抜いた後の針)が跳ね返って看護師に刺さりやすいのです。

最近は、針刺し事故防止の機能付きの翼状針が売り出しされています。

とはいっても、これ他のアイテムは常識的の、

翼状針に比較して高価であり、費用省コスト化のため、

一般的の翼状針を採用しているクリニック、病院は、豊富にあります。

一般的の翼状針でも単価70円/本位します。

ありきたりの翼状針に、リキャップする時は、必ずに止めましょう。

特に、針刺し事故が起こりやすいと言われています。

針刺し事故を起こしやすい、末梢血管留置針持続点滴、

血管外漏出(点滴漏れ)すると、組織障害が起こりやすい、

薬剤の投与時に末梢静脈路確保が行われます。

柔らかい外筒と、金属の内筒からなり、

穿刺後に外筒だけを留置して内筒は抜去します。

問題は、抜去した後の内筒の取り扱いです。

手元に医療廃棄物BOXを置いて、

抜去直後に廃棄するのが目指す形です。

抜去して直ぐに廃棄せず、後片付けの時に、

針刺し事故を起こしてしまう事が多々あるのです。

なぜ、直ぐに廃棄しないきっかけとしては、

留置針を固定するためには両手を使用する必要があり、

直ぐに固定しないと、

やはり入れた外筒が抜けてしまうからなのです。

誤穿刺阻止パフォーマンスが付いていない留置針は、

抜去直後に医療廃棄BOXに廃棄いたしましょう。

穿刺、固定に自信がない看護師さんは、

必ず2人で作業するいたしましょう。

シリンジ採血と真空管採血

他の看護師さんにお願いすれば、針刺し事故の危険性は減少します。

針刺し事故を起こしやすい、シリンジ採血採血検査のテクニックは、

シリンジ採血と真空管採血の2種類があります。

シリンジ採血とは、注射器に針を付けて行う採血の事です。

真空管採血は、看採血した後スピッツに血液を移す作業がないため、

針刺し事故の危険性少ないと言われています。

病院によっては、シリンジ採血を禁止しているところもあります。

では、なぜいまだに、シリンジ採血が行われているのでしょうか?

血圧が極めて低い患者さん、血管が細い患者さんは真空管採血では、

不可欠量の血液が取れない事が多く、シリンジ採血の方がスムーズなのです。

慣れもあり年配の看護師さんは、

真空管採血が、不得意という方が、少なくありません。

シリンジ採血は、採取した血液をスピッツに移す作業で、

針刺し事故が起こりやすい性質にあります。

可能な限り真空管採血を行った方が良さそうです。

針刺し事故を起こしやすい、急変時扱って、

心肺蘇生の現場患者さんが心停止した、

心室細動を起こした、呼吸が止まった。

急変時応対、心肺蘇生の現場です。

『プレフィルドシリンジ』とは

緊急で末梢静脈路を確保し、カテコラミンを投与したり、

輸液製剤を組み立てしたり、注射針を利用します。

急変時扱ってに慣れていない事例は、いくつかの医者や看護師が関って、

針が確実に処理されたか分からない状況になる事も想定されます。

急変時応対時に使った針をびしっとカウント可能なら良いのですが、

混乱した現場では無理な事もあるようです。

後片づけで針刺し事故を起こす危険性があります。

急変時、対応に準備して、カテコラミン製剤はあらかじめ、

シリンジにセットされたアイテムを採用しておくと、

アンプルを切って薬剤生成する必要性がなく、

針刺し事故をより、軽減できます。

このようなアイテムを

『プレフィルドシリンジ』時処置、

心肺蘇生のシュミレーションを実施し、と言います。

日ごろから急変針の取り扱いについて、看護師の方は話し合っておきましょう。

針刺し事故を起こしやすい、在宅での注射針刺し事故が起こるのは、

クリニック、病院だけとは限りません。

意外な落とし穴は、在宅医療と訪問看護です。

その上、看護師が実施する注射だけとは限りません。

問題は針の処理です。

突き通りやすい容れ物への廃棄、ビニール袋への回収で針刺し、

事故が起こる危険性があります。

実のところに、インスリン注射をしている患者さんが、

使用後針を紙袋とビニールに回収していて、

看護師が針刺し事故を起こした例もあります。

糖尿病患者さんは視力が悪い事も多く、針が床に落ちていたりする危険も

あるのです。

もし、あなたが、針刺し事故を起こしたら、

可能なだけ早く、自らの採血検査をし、

針刺し事故における報告は、直ぐに報告しましょう。

上司に報告するのは言うまでもなくですが、

信用可能な医者、先輩にも報告することが大切です。

あえて、起こした事を記録しておきましょう。

転職した後に、針刺し事故によるトラブルが出たケースは、

その頃勤務していた施設が責務を負います。

退職した看護師には、責務を持たないと言われないように

きっちり記録を残しておきましょう。

それ故に、直属の上司以外への報告は、必ず必要です。

まとめ

いかがでしたか?

怖い針刺し事故は、おこりやすい状況を知っておく事、

起こした時の扱ってを誤らない事が大切です。

心配無用して働くために、針刺し事故への知識を深め置きましょう。