Pocket

こんにちは、荒蒔です。

インフルエンザの流行りっていますが、

少し、落ち着きませんよね。

しかし、これから、桜の季節・春の季節には、

それによる、感染症があります。

それは、

風疹、はしか(麻疹)、おたふく風邪(トレンド性耳下腺炎)です。

それぞれ、子供の頃にかかる病気ではないかと思う方も多いはずです。

しかし、大人がかかると重症になりやすく、

中でも働き盛りの男性に多いのは、

風疹は周囲の妊婦への感染に注意が必要です。

特に、20〜40歳代の男性の方は、風疹に注意をして下さい

風疹は、発熱、発疹、リンパ節の腫れを、

特徴とする急性ウイルス性疾患です。

昔は、子供がかかる病気されていたのが、

ワクチンの普及によって、その数は

減少しつつあります

逆に、2013年には、成人男性を中心に、

国内の感染者が1万人を超える事もありました。

2015年に入ってからも、愛知県や静岡県西部で、

10人以上の風疹患者が立て続けに報告されておりました。

ここで、わかったことは感染したのは、

いずれもワクチンを接種していない、

20〜40歳代の男性ということです。

その上、これは男性だけの問題ではありません。

女性の方も注意して下さい。

働き盛りの男性こそ、妊娠中の女性が、

身近にいる事が多いからです。

妊娠初期の女子が、風疹に感染すると、生まれた赤ちゃんに、

心臓の障害や聴力障害、白内障などをともない、

先天性風疹症候群を起こす事があります。

これは何としても避けるべきです。

ついでに、ワクチン接種率が低いはずの、

50歳以上の男性は、風疹に感染する人が少ないです。

その理由として、その世代は、

幼少期にワクチンが十分に一般化しておらず、

暮らし環境で自然に、

ウイルスにさらされる機会が多かったからと言えます。

感染症のはやるが、頻繁に起こり、

自然にウイルスに触れざるをえない、

時世に生きていたから、すでに免疫がついているのです。

子供の風疹は「3日はしか」なのに、

大人になるとなぜ重症になるんでしょうか?

風疹は、熱や発疹が出る点は“はしか”に似ていますが、

はしかよりわずか軽症であるため

「3日はしか」の異名を持ちません。

子供ならたいていのケースは、3日ほどで治る病です。

ただし、大人が子供を看病などしていると感染し、

高熱を伴い、重症になってしまう事が多いのです。

ウイルスというのは、異物が体内に入ると、

体の免疫働きが働きが、

異物をやっつけようと反応する事で症状が出ます。

大人に比べると、子供は免疫働きが確立していないため、

ウイルスへの反応が鈍い状況なのです。

それにそれに対し、大人は強く、

守る反応を起こすから症状が、重くなるとも言われております。

大人が風疹にかかると、髄膜炎のような合併症を生じる事もあり、

“風疹なんて子供の感染症でしょ”とバカにできません。

また、大人が感染症対策が進まない現況について、

子供は、一定の感染症にかかったら、出席停止になるという、

学校保健法で守られています。

ところが、働く大人には、

就業を制限する法律がないので無防備です。

風疹などに感染しても、そこそこ治ったら、

直ちに、自己決断で出勤してしまう人が多いのです。

少々具合が悪いくらいでは休みづらいという、

日本人の特徴なのでしょうか?そう感じる方も多いです。

無理をせず、必ず病院へ診断して下さい。