Pocket

こんにちは、荒蒔です。

この人件費を削減しなくてはいけないと分かっていても、

サービスの低下につながる確率も考えられるため、

一概に、人件費を安易に削減するのは、最適とは言えません。

患者様を待たせ、不安にな事が起き、また、医療現場にも、

問題が生じる場合もあります。

人ではなく、必要ないな支出を減らすために、

病院経営で実践やりたい、

必要経費削減について、ご説明いたします。

1)人件費を浮かすには人員を減らすのではなく

             パート、アルバイトを採用する

人件費を削減やりたい場合は、

人件費を固定費から変動費にする事から、

開始いたしましょう。

職員数を減らすのは目指す形ではないのです。

ただし、病院での必要経費の50%以上は人件費です。

この人件費を、どれだけ活用し、支出削減するのかが、

経営向上のにつながります。

病院の固定費率を下げ、変動費の比率を多くすれば、

収入は自然に、赤字になりにくくなります。

多くの病院で、パートやアルバイトを、採用しているのが現況です。

また、賞与は業務連携し、

職員の残業や、祝日出勤の現況を詳細に参考にし、

無駄な仕事がないかチェックしましょう。

2)在庫管理を徹底し、期限切れ薬剤がないようにする

薬剤は安価ではありません。

リーダーは、必ず月末にチェックするなど、

在庫管理を徹底する工夫をしましょう。

高額な薬剤は購入を絞る

期限管理のため、一覧表を作成する

月末に在庫チェックをする

薬剤費は必要だけ適量を買い物し、

在庫をなるべく抱えないのが鉄則です。

有効期限を管理できない薬剤師は、薬剤の廃棄につながります。

なお、似たような薬剤は取り扱わないようにする事で、

コスト削減につながります。

3)電気・水道水道光熱費が高いまま慣れていませんか?

病院経営で水道光熱費の支出削減をするには、

明確な目標設定をするのが適切です。

一般家庭の水道光熱費とは異なる点、

水道費や水道光熱費の必要になる価格は大きな負担になります。

病院経営で水道費の支出削減をするには、

節水器の採りいれ地下水の活用の2つになります。

節水器とは節水器とは水栓に取り付ける器具の事で、

ロータンク式水洗トイレでなければ、

どういった水栓にでも設置られます。

特殊形状の穴があり、そのところを水が通る事で流速がUPし、

水の勢いは変わらず取り付ける前と、使用感が変わらないのに、

1~5割の節水が実現可能なというものです。

数多くの患者様が定期的出入りする病院は、

手洗いで使用される水道量だけでも大きな負担になります。

水道代の費用削減と環境保持に優れた働きを持つ節水器は、

いかなるタイプの病院でも、水道費和らげるに役立つため、

採りいれをおすすめします。

地下水を病院で使用病院の敷地内を掘り、

地下水を活用する事で、

地下水をポンプでくみ上げ洗面所などの使用し、

水道料金のコストダウンを図れます。

病院などの大型施設は水道使用料が多く、負担額も大きいため、

費用削減に地下水を使用する病院が増加しています。

これは、ろ過技術が進んだ訳もあります。

地下水は飲用としても活用可能なケースがあります。

これは水道法の水質水準内の数値であれば、

保健所に届け出を出せば常識的の水道水のように扱え、

上水道の単価よりも安いため水道代の費用削減にはおすすめです。

例を挙げると、地下水プラントの建設に2億円かかったとしても、

水道量の約80%がまかなえるといいます。

また、病院での電気代をセーブするには、

電力法人の再検討をする事で、コストダウンを図れます。

数多にの医療機器や大型エレベーターが多く、

大量に定期的電力支出し、病院の電気代は大きな負担です。

それにより、電力自由化で節減可能なように、

対策をとる病院が増大しています。

新電力が医療機構の節電に、総合病院や医院など、

どういった医療機関でも電力が必要です。

大型病院のケース、高圧を使用している時が多いのですが、

金額競争力が増し、ベース料金だけでも差額があります。

それにより新電力との対比は良い面が多く、

自由化の魅力を解釈し、

改めて業者さんと話してみることや、

ネットなどで知れべたら、大きな発見があるかもしれません。

照明は初期出費を腹積もりてもLEDがお得になります。

照明器具の種類を替えLED照明にするのは、

もはやありきたりのご時世になりつつあります。

また、185床ある病院のでは、照明をすべてLEDに改変してたら、

必要経費を入れても約4年で元がとれます。

これはLEDの事例電気代が約70%を削減するためです。

その上、LEDにすれば照明色彩を、

自由に設定可能なため間接照明として、

ゆとりのあるスペースつくりにもなります。

いかがでしたか?主にこの3つです。

私の会社では、病院の医療廃棄物のゴミ問題と、

経費削減するにはどうしたらよいか?常日頃から

考えております。何かご意見がありましたら、

よろしくお願いいいたします。