Pocket

こんにちは、荒蒔です

感染症対策の一つで、インフルエンザや、ノロウイルスなどの

感染症対策として、アルコール消毒がすすめられています。

最近では、事務所や便所、公共・商業施設の受付などでも、

消毒液やスプレーが、置いてあるのをよく見かけますよね。

しかし、アルコール消毒は、

石鹸で手を洗うよりも影響が高いのでしょうか?

本日は、アルコール消毒の影響や消毒の仕方、

注意すべきポイントなどを、

お話したいと思います。

消毒用アルコール手指や、

台所の器具などの消毒用に使われるアルコールは、

人への毒性が低い第3類医薬品に分類される

「エタノール(エチルアルコール)」

「イソプロパノール(イソプロピルアルコール)」です。

「日本薬局方」というのは、厚生労働大臣が定める、

医薬品の規格規格書で規定されています。

消毒用エタノールは、アルコール発酵によって製造されます。

サトウキビなどの糖質と、トウモロコシや、

ジャガイモなどのでんぷん質が、

原料になっています。

イソプロパノールよりも毒性が低いといわれています。

消毒用エタノールは、エタノール約80%、

水約20%にすり合わせしてあります。

食器など口に入るものも、消毒できますが飲用はできません。

消毒用エタノールIP(イソプロパノール)消毒用エタノールに、

イソプロパノール液が添加されています。

こちらは、口に入るものの消毒や傷口への使用は禁止、

もちろん、飲んではいけません。

それ以外、消毒影響があるものとして、除菌アルコールスプレー、

アルコール除菌シート、ジェルタイプの消毒剤なども挙げられます。

アルコール消毒の成果、

アルコール消毒剤には次のような良い面があります。

1)消毒影響が高い

2)手洗いや石鹸よりも消毒影響が高い手荒れが少ない

3)手洗いに比較し、保湿成分が入った消毒剤だと、

手も荒れにくい短期間で成果を発揮

揮発性が高いためわずかな間で済み、

水が要らず屋外でも使用可能な、

感染防止や洗浄などに、

アルコール消毒はどの程度の成果があるのでしょうか?

アルコールは、細胞への染み渡るが早い事や、

殺菌する速度も速い事が長所です。

ところで、この事例消毒に、

もっとも適したアルコール濃度は、

およそ70%とされています。

アルコール消毒が効くものとそうでないものここの所、

アルコール消毒剤はインフルエンザなどおもに、

ノロウイルス対策への成果を望みして使用されますが、

マルウェアには、多くの種類がありますから、

成果がないマルウェアも影響します。

マルウェアは、外側に「エンベロープ」

(脂質でできている膜状の組成)

を持っているものとそうでないものとがあり、

この相違が成果の有る無しに関ります。

エンベロープを持つマルウェアはおよそ80%といわれていて、

インフルエンザ、ヘルペス、風疹、HIV、B型・C型肝炎などです。

これら「エンベロープ」を持つマルウェアには、

アルコール消毒は有効です。

一方、エンベロープを持たないマルウェアや細菌、例を挙げると、

ノロマルウェア、エンテロウィルス、ライノウィルス、

A型肝炎マルウェアなどにはアルコール消毒は有効ではないのです。

なかでもノロウイルスは、冬場の感染性胃腸炎を引き起こし、

大流行する事もあります。

その時、アルコール消毒薬の代わりに、

次亜塩素酸ナトリウムなど、

塩素系の消毒剤が用いられる事があります。

けれども、皮膚への刺激がきつすぎて人には、

使用できませんし、金属などは腐食し洋服も色落ちしてしまいます。

ですから、アルコール消毒による二度拭きや、

アルコール消毒薬を酸性にしたものなどが、指摘されています。

ほかにもブドウ球菌や肺炎球菌などの「グラム陽性菌」、

大腸菌などの「グラム陰性菌」、

結核菌や真菌にもアルコール消毒は、

有効とされています。

一方、カビや芽胞形成菌(がほうけいせいきん)

には有効ではないのです。

芽胞形成菌は俗に、土壌に生育しているボツリヌス菌、

炭そ菌、破傷風菌などです。

影響的なアルコール消毒のしかたインフルエンザ予防は、

予防接種とあわせて行いましょう。

アルコール消毒は接触感染の阻止にはなりますが、

飛沫感染には効きません。

手指の消毒水と手洗い洗剤があるなら、

初めにそれらを使って手指をちゃんとと洗います。

そのあとでアルコール消毒ジェルなどを使用します。

この時、手が濡れていると影響がなくなるので、

ペーパータオルや清潔なタオルで、

水気をちゃんとと拭いてから消毒をします。

また、身内が触れたドアノブ、

クシャミがかかってしまったスポットなどを、

アルコール消毒剤で拭いておく事は、感染防止になります。

アルコール消毒をする場合、アルコール消毒剤は次のような点に、

注意して使用しましょう。

目や粘膜ところに使わない。

アルコール消毒剤がついた手で、

目をこすらない経口(飲む)投与はしない、

過剰に使用すると、皮膚が乾かすしすぎて、

荒れてしまう事がある、長時間の使用は避ける。

エタノール臭の刺激で、気分が悪くなる事がある漂白剤は、

塩素ガスが生じてする危険性があります。

漂白剤とは混ぜない事!

アルコールには引火性があるため、

台所など火気のある位置で、

アルコール消毒剤を使用しない事です。

正しく使用して、感染性対策をいたしましょう。