Pocket

こんにちは、荒蒔です。

看護師といえばナース帽子というイメージが昔からあります。

看護師のシンボルとして、定着していたナースキャップですが、

いつ頃からか、見かける機会が徐々に減ってきたと思いませんか?

ナースキャップは、白衣の天使の象徴的影響でしたが、ある訳により、

現在は、ナースキャップを廃止している病院がほとんどです。

ナースキャップが、廃止になった理由として、

不潔である事が挙げられます。

看護師のユニフォームは、定期的取り替えしていますが、

ナースキャップは、定期的取り替えはしないんです。

加えて、あの独特の形状ですが、あの形状を維持するためには、

ガチガチに、のりで固めなくてはいけません。

そののりが、

『細菌やウイルスの温床になっている』

という結果が出たんです。

更に、その細菌は、

MRSAや緑膿菌といった、院内感染で問題になる菌である事が多く

不潔なナース帽子をかぶって歩いていると、院内感染を、

広めている事にもなりかねません。

もう一つの廃止の理由として、

ナース帽子が作業の邪魔になる

という理由があります。

病室は狭く、大部屋も個室も、

ベッド周辺のスペースは、かなり限られています。

その限られたスペースの中で、点滴台が置かれていたり、

人工呼吸器等の医療機器が置かれています。

狭苦しい中で作業していると、気づかないうちにナースキャップが、

点滴や医療機器に触れてしまい、点滴の滴下速度が変わってしまったり、

患者さんの命をつなぐ、必要な医療機器の設定が、

変わってしまう事もあるんです。

作業の障害になるだけではなく、患者さんにもトラブルを、

起こしてしまう原因にもなります。

以前は、おおかたの看護学校で行われていた、

戴帽式(たいぼうしき)も、

現時点では、廃止されているところが多いそうです。

あの戴帽式(たいぼうしき)の、看護師を志し、看護学校に入学した人にとては、

残念な事かもしれません。

元々ナース帽子の影響意義は、「看護師である事の象徴」でした。

頭を覆うわけではなく、ただ頭の上に載せているナースキャップが、

「不潔」・「作業の邪魔」になるなら廃止されるのは、

もちろんの事と言えるでしょう。

これから、超高齢化社会なのに、

この問題はどうにかならないんでしょうか?

私も、医療関係者の方に少しでも、

コスト削減できる案がないか?

私も常に考えております。

いつもいつも、看護師さんの方、ご苦労さまです。感謝しかありませんね。

看護師さんは、いつのご時世、不足していると言われてきました。

戦後から看護師不足は続いていて、現代でも決着されていません。

なぜ、看護師不足が決着されないかというと、

労働中身と賃金が見合っていないからです。

看護師の業務は、患者さんの命を扱うため、

いつも重い責務が付いてまわります。

また、3K(キツイ、キタナイ、キケン)

と言われる業務中身ですし、病棟勤務の事例は夜勤にも入らなければならず、

不規則な暮らしを強いられます。でも、賃金は決して高くないのです。

基本給は一般会社に勤めているサラリーマンより低く、残業手当や夜勤手当がついて、

ついに日本人の平均年収と同程度になります。このような労働環境だから、

看護師不足はからっきし解決されないんです。

業務がハードでも、お月給が良ければ、看護師になりたいという人は、

数多く出てくるはずですが、看護師不足が続いているという事は、

世間一般からも労働と賃金が釣り合っていないと、

認識されているんだと考えます。

医療態勢もそれぞれ病院によって違うので、

法律上での対策でなく、

病院の特色に応じた勤務時間の考え方や、

仕事内容の見直しをすべきだと思います。