Pocket

今現在、開固定ホルダーが大好評です。

この数か月で、5つの総合病院でご注文がありました。

その理由として、

ペダルを踏むと1回の廃棄物を捨てる量が限られて

いますが、開固定をすることにより、たくさんの廃棄物を

多く捨てられます。

また、近くの廃棄物をまとめて捨てることができます。

しかし、医療ホルダーの現場の問題点として、

①ペール・段ボール容器のサイズが変わるごとに

新たなホルダーを購入し、高コストがかかる

➁ペダルを踏んで、蓋を開けた時、壁に傷をつける。

③ダンパーがないため、蓋の開閉に音が気になる。

先月、N区H総合病院の手術室他の導入の決め手は、

①どんなサイズでもセットできる専用ホルダー。

なので低コストで抑えられます。

➁壁に傷をつけない。

③ダンパーがあるため、静かに閉まります。

この3つの条件はもちろん完全クリアーしております。

その中でも開固定が大好評です。

毎日、看護師さんはとても過酷な重労働で働いています。

「ペダル踏むのもめんどくさい」と言った意見も耳にします。

だからと言って、地べたに置いてはいけません。

また、保健所が来て注意されますが、どのようにして改善したら良いか?

わからない医療現場がたくさんあります。

しかし、今年1年振り返って、標準本体の他にカスタマイズの問合せを受け、

1つ1つのニーズに答えてきました。

また来年は、更に現場に出向き貸し出し等を強化して、

全国の病院に広めたいです。

また、数か月のブログでしたが、ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。よい新年を!!