Pocket

こんにちは、荒蒔です。

毎日の業務・お仕事、お疲れさまです。

さぁ『キャリアアップに必要な4つの資格~認定看護師編~』

を本日は、お送りいたします。

新人の看護師さん・または看護師を目指している方は、

頑張って下さい。よろしくお願いいたします。

医療の高度化と専門分化は、一種の医療問題となっています。

高度化も、専門分化も、「進化」には違いないので「良いこと」なのですが、

あまりに高度化、専門分化しすぎて、悪い影響をあたえている指摘もあります。

例えば、臓器別の専門分化が進み、専門外の病気や複数の病気を持つ高齢者の増加に、

対応できない、弊害が目立ってきたと指摘しております。

こうした事態に対応するのが、認定看護師です。

認定看護師の資格を取得するには、

1)5年以上の実践経験

2)615時間以上の認定看護師教育を修了

の2条件をクリアした看護師が、認定看護師認定審査に合格いたします。

スポンサーリンク

認定看護師の3つの役割と21の看護分野

認定看護師の役割は次の3つですので、覚えておいて下さい。

1.専門的な治療や看護が必要な患者・家族に、

               専門知識に基づいた看護を提供する

2.他の看護師の手本になり指導する

3.看護の現場で他の看護師の相談に乗り、改善策を導き出す支援をする

認定看護師の看護分野は21あります。

① 感染管理、② 糖尿病、③ 乳がん、④ 皮膚・排泄ケア、⑤ 認知症、⑥ 小児救急、

⑦ 緩和ケア、⑧ 摂食・嚥下障害、⑨ 慢性心不全、⑩ がん化学療法、

⑪ 脳卒中リハビリテーション、⑫ 慢性呼吸器疾患、⑬ 集中ケア、⑭ 訪問看護、⑮ 透析、

⑯ 救急、⑰ 手術、⑱ がん放射線療法、⑲ がん性疼痛、⑳ 新生児集中ケア、㉑ 不妊症

特徴的なのは、高齢者看護の分野が多いことです。

④ 皮膚・排泄ケア⑤ 認知症⑥ 小児救急⑦ 緩和ケア⑧ 摂食・嚥下障害⑭ 訪問看護

は、そのものずばり高齢者向けです。

また、② 糖尿病⑨ 慢性心不全⑫ 慢性呼吸器疾患⑮ 透析⑲ がん性疼痛

の対象となる、患者の多くは高齢者です。

それ以外でも、① 感染管理は肺炎も含みます。

認定看護師を目指す方が気になるのは、615時間以上の認定看護師教育ですよね。

こちら、サイトの下の方に、『認定看護師教育基準カリキュラムについて』

載っていますので、よかったら見て下さい。

認定看護師教育基準カリキュラムについて

単純計算で、1日6時間の学習でも、100日以上必要となるわけで、

その期間、職場を離れなければなりません。長い道のりですよね。

つまりこの資格の取得には、学習のハードルに加えて、職場の理解を得るという

ハードルも存在するのです。

どのような勉強をするのか、例として、⑲がん性疼痛のカリキュラムを見てみましょう。

がん性疼痛認定看護師カリキュラムの目的

1. 水準の高い看護を実践する能力を育成する

2. 他の看護職に指導・相談ができる能力を育成する

3. がん性疼痛患者の身体的・心理的・社会的・スピリチュアルな状態を、

総合的に判断し、ケアの計画、実施ができる

がん性疼痛認定看護師に期待される能力

1. 使用する薬剤と薬理作用について理解して、使用と効果の評価ができる

2. 患者・家族のセルフケア能力を高め、生活の質を向上させる

3. 患者・家族の権利擁護、自己決定の尊重

4. 病院の組織と医療サービスの理解、多職種との協働を図る

5. 看護の実践を通して役割モデルを示し、他の看護職の指導・相談ができる

専門性を高めるとともに、一般の看護師の見本、手本、指導者になることを、

目指していることが分かります。

認定看護師さんは、高齢者看護分野が多く、実務をしながら、勉強も両方しなくては

いけないので、大変だと思いますが、諦めないで頑張って下さい。

影ながら、応援しております。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ