Pocket

こんにちは 荒蒔です。

インフルエンザがやはり流行っている模様ですね。

最近、私のブログは、『インフルエンザ』ばかり書いていて、

嫌いになる方もいるかもしれません(笑)

その中でも、かぜやインフルエンザの防止には、

明治ヨーグルトR-1(明治乳業)がオススメです。

R-1乳酸菌1073R-1乳酸菌には、

ウイルスを守備する力があり、

かぜやインフルエンザにかかりにくくなります。

このように私たちの免疫力を、左右するともいえる

腸を元気にするためには、

どうしたらよいでしょうか?

そのひとつが乳酸菌やヨーグルトを摂取する事なのです。

腸の粘膜には、リンパ球が密集しており、

病原菌をみつけると、体の一部から異物をとらえて、

封じ込める免疫抗体を作ります。

一週間後、便秘が解決した・体が軽くなった・肌がきれになった・など

何かすらの成果が感じられたら、それは、あなたと相性の良い

ヨーグルトと言えます。

そのほかのヨーグルトには、どのような効果があるのでしょうか?

NK(等身大キラー)細胞というリンパ球も、ヨーグルトの力で、

活性化し乳酸菌シロタ株を摂取し続けると、

大腸がんや膀胱がんを抑制する働きがあると言われています。

腸を元気にするためには、ヨーグルトの力はかかせません。

胃粘膜の荒れも修復する影響も見込みできます。

小岩井生乳100%ヨーグルト(小岩井乳業)ビフィズス菌です。

BB12腸の善玉菌の増加が望み可能なビフィズス菌BB12は、

腸内の免疫パフォーマンスを高めます。

皮膚性能の改善するには、明治ブルガリアヨーグルト(明治乳業)

LB81乳酸菌肌パフォーマンスの改善に、

成果があるLB81乳酸菌を配合。

これが腸管免疫仕組みなのです。

ピロリ菌を抑制するには、明治プロビオヨーグルト(明治乳業)

LG21乳酸菌胃腸の調子を整える成果の高いLG21乳酸菌は、

胃潰瘍や十二指腸潰瘍のきっかけとなる、

ピロリ菌を防ぐ食品として特許も取得しています。

貴方に最適のヨーグルトを選択してで、腸を元気に、

腸は圧倒的強さの免疫器官は、

私たちの体を守ってくれている、免疫細胞の70%は腸にあります。

あまり成果が体感できないケースは、

相性のよいものを探して、

他のものを試してみてください。

生きたまま腸まで届く乳酸菌を摂取すると、

腸粘膜が刺激され、からだの免疫力が活性化します。

親和性もあるので、自身のとりたいヨーグルトを決めたら、

一日200gを指標に一週間続けてみましょう。

従って自身に合ったヨーグルトを探し、

いつまでも健康な体を保てたいものです。