大幅コストが下がる理由

 

今、現在、病院では、主に、ペール容器・段ボールでゴミを捨てております。

私どもの提案は、その容器の中に、

 

※耐熱特殊ポリ袋を入れ、

ゴミが溜まったら、ガムテープで止め、機械に入れるやり方です。

これを行うことにより、容器代が浮き、大幅なコスト削減になります。

 

感染性廃棄物処理マニュアル[PDF 2.1MB] P26ページ準拠

※ペール容器+耐熱特殊ポリ袋に、順次変更することをオススメします。

また、耐熱特殊ポリ袋が入るペール容器を選択してください。

炭素税対策にCo2削減率が驚異的な 97.9

 

近い将来日本でも炭素税として採択される可能性があります。

既にEUでは排出権料金として10億ドル以上の取引が行われています。

Co2削減率が、驚異的な97.9(L2-Tech 個社評価シートによる)なので、

約年間、300万円以上のコスト削減ができます。

 

貴院様の試算(現状の経費)を算出してみませんか?

 

あなたの病院でも、試算(現状の経費)を算出してみませんか?

こちらの表に数字を記入することによって、今の現状経費がわかります。

それぞれのベット数による、経費削減の事例の下に、

PDFで、ダウンロードできるようになっていますので、是非ご活用ください。

ベット数による経費削減の事例

≪参考例≫

ベット数・年間排出量:

モデル[Ⅰ]250床 約150,000Kg/年間排出量

PDF試算(現状の経費)250床

ベット数・年間排出量:

モデル[Ⅱ]500床 約250,000Kg/年間排出量

PDF試算(現状の経費)500床

ベット数・年間排出量:

モデル[Ⅱ]1000床 約350,000Kg/年間排出量

PDF試算(現状の経費)1000床