『感染性医療廃棄物処理装置』導入のメリット

・院内での滅菌処理実現

・プレス型加圧環境省処理ガイドライン準拠

(環境省感染症廃棄物マニュアル)破砕

・特殊破砕構造で金属混入も対応

18030分以上の乾熱処理

・耐用年数17

L 2-Tech 推進商品

■感染性医療廃棄物処理装置設置導入の効果

・無公害

・ダイオキシン・CO₂発生なし

・臭気・浄化処理

・周辺環境への影響なし

・自動運転・安全移動

・作業環境が清潔

・大量処理

・自動化で大量処理可能

■処理可能な感染性廃棄物

・非鋭理な固形物

・脱脂綿・ガーゼ・包帯

・紙おむつ

・マスク・手袋・シーツ

・鋭利な固形物

・金属類を含む廃棄物

・輸液ビン・輸液セット

・カンシ・ピンセット

※『感染性医療廃棄物処理装置』に投入できない物

   体液・ホルマリン・エタノール等

■減容効果 最大(1/6まで圧縮)によるコスト削減

・収集回数・運搬コスト削減

・運搬時Co₂排出削減

・保管スペース節減(1/6まで圧縮減容)

・院内衛生環境を保全

・感染リスクの低減

感染性医療廃棄物処理装置の特徴

 

地球環境CO2削減のために、

環境省に認められた装置です

 

 

 

乾熱滅菌方式と加圧破砕(溶融)滅菌を併用

 

おむつ・透析を院内処理するのにもおすすめです。

この感染性医療廃棄物処理装置は、乾熱滅菌方式加圧破砕(溶融)滅菌を併用。

回転型破砕工程がなく、故障が少ないのが特徴です。

また、18030分以上の乾熱処理を行います。

特殊破砕構造で、金属混入も、対応いたします。

おむつ・透析も院内処理することも可能です。

感染性廃棄物処理マニュアル[PDF 2.1MB] P62ページ準拠

医療廃棄物の分別の仕方